​トレーニングについて

『犬生を繰り返してきて 学んだのは』

『もちろん 楽しむこと』

『困っている人を探し 救うこと』

『好きな人を舐め』

『過去をいつまでも悲しまず』

『未来を憂いもしない』

『ただ 今を生きる』

『今を 一緒に生きる』

​『それが犬の目的』      

​            映画:僕のワンダフルライフ

Cherish this momentとは『今を大切に』

下記の項目はお問い合わせで1番多い相談内容です。何個チェックが付きますでしょうか?

□ 共働きで日中ほとんどお留守番になっている

□ 一人暮らしである

□ 甘咬みが多いor痛い

□ 無駄吠えが多い

□ 興奮しがちで落ち着きがない

□ トイレを中々覚えない

□ 苦しいはずなのに散歩の時はリードを強く引っ張ってしまう

□ 思っていたように言うことを聞いてくれない

し☑の数が多いオーナー様はお早めにご相談ください!

しつけの本では

『飼い主がリーダーにならなければならない』『一緒に寝てはいけない』

『飛びつかせてはいけない』『ソファに乗せてはいけない』

など「いけない」ばかりが書かれていることが多いですが、信頼関係が築けていれば全く問題ありません。

ただ全部「NO!」と教えていては犬の方から「何で私のことを分かってれないの!」と思われてしまいます。

「何を考え、飛びついたりソファに乗ってるか」と気づいてあげることが大切です。

『皆はコタツだけど僕は偉いからソファに乗っちゃうもんね!』

​『飛びつきはマウンティングなのにみんなニコニコしてるわ!』

なんて思われていたら愛犬は家族の事を自分より順位が下であると学習し、縦社会の動物である犬はリーダーに相応しい行動をとるようになります。権勢本能)

それとは逆にリーダーに従おうという服従本能が犬には備わっていますのでトレーニングの際はその本能を引き出してあげることが重要です。 服従と聞くと堅苦しい印象のように感じますが【常に群れのリーダーを維持する‼】というのは犬にとってかなりストレスになります。365日休む暇が無いのは大変ですよね(-_-;)

犬はリーダー(信頼できるパートナー)がいることで安心して暮らすことができます。

犬は人の言葉を理解出来ませんがその人の「声のかけ方」「接し方」「褒め方」など所作をよく観察しています。​言うことをきかせる!のではなく、愛犬から信頼される存在になれるよう意識してみましょう。

ドッグトレーニングKOUが誠心誠意お手伝い致します。

​家族として、友達として、相棒として愛犬が心から良い犬生を過ごせたと思えるよう『一緒に暮らす 今を大切に』

​代表 田中 向陽